行きたくないバイトを「面白いバイト」に変えるだけです

当日になって、バイトに行くのが億劫になり、行きたくないなぁって思ったことありますよね?

 

私ももちろんあります。なんとなく行きたくないなぁって思うんですよね。何か用事があるわけでもないし、バイトに行かなかった時間で何かをするわけでもないんですが、、

 

ただ行きたくないなぁ。そういうときどうされてますか?

 

思い切ってバイト先に電話をして、休みます、と伝えますか?もちろんそれでも乗り切れますが、次のバイトのときに、他の人に迷惑をかけたなぁ、上司になにか嫌味を言われないかなぁと、色々考えてしまったりしませんか?

 

そうして気がつくとバイトを辞めてしまったり。そこまで嫌だったわけでないのに、なんて思ってももう手遅れですよね。

 

バイト自体は好きなら、やっぱり休むだけで、やめたくはないですよね。

 

私は、特に理由もなくバイトを休みたいと思ったときに考えるようにしていることがあります。

 

それは、「バイト先で面白かったこと、楽しかったことはなんだろうか」です。

 

例えば同じバイト仲間と過ごす時間だったり、休憩時間の談笑だったり、接客業ならお客さんとの会話などです。

 

私はひたすらこういったことを思い出す作業をします。頭の中を、面白かったことなどポジティブな思い出でいっぱいにするのです。

 

そうすると、バイト先は面白いところだと考えるようになり、いつの間にか、億劫に感じていた自分の心などどこか遠くの方へと飛んで行ってしまいます。

 

行きたくないバイトを「面白いバイト」に変えるのです。たったこれだけのことです。

 

あともし追加をするなら、思い出から派生させて、今日これからバイトに行ってから起こるであろう楽しいことを妄想します。こうすれば、面白いバイトにいくと、今日はより楽しめるのだ、と考えることができます。

 

そもそもバイトにいくのが億劫になったのに明確な理由がないのだから、その気持ちをけすのに明確な理由など必要ないのです。妄想で十分なのです。誰にもできることだと思うので、ぜひオススメします。