朝食を楽しむことで頭を切り替え仕事モードに

 

平日なのに友達から合コンのお誘い。明日もバイトなのについうっかり飲みすぎてしまう。次の日の朝、お酒も残り寝不足の状態。「眠い。だるい。バイト行きたくない」

 

仕事をしていると、誰でもこんな経験一度や二度あるのではないでしょうか?

 

電話して休もう!でも理由は。。。こんな事を考えながら朝を過ごして、何もできないで一日を無駄に過ごすより、普段のリズムを取り戻すためにもいつも通り出勤した方が、仕事をしている時も体は意外ときつくなく、むしろ普段より仕事を集中してしまうため、普段より効率的に仕事ができてしまいます。

 

さて、ここで大事なことは朝食をとること!普段食べていない方も是非食べて頂きたい。

 

ご飯に味噌汁、おかずに鮭ってこんなにしっかりした朝食で無くても、トーストに野菜ジュースでもOK。

 

そんな時間無い方は、コンビニでおにぎりやサンドイッチと野菜ジュース。

 

食べ方にもコツがあり、出来るだけ、ゆっくり噛んで食べること。家でご飯を食べる方は比較的に時間が取れているから大丈夫だと思います。

 

しかしトーストやコンビニで朝食をとる人は、詰めるだけ詰め込んで、お茶やコーヒーで流し込む方が多いと思いますが、注意が必要です。面倒くさい、お酒が抜けてない状態を脱出したいのであれば意味がありません。

 

上にも書きましたが、野菜ジュースをできれば紙パックをストローでゆっくり飲んで頂きたい。

 

朝食を食べるという作業ではなく、楽しんで食べることにより、酔っていること、疲れていることを忘れることができます。

 

野菜や果物にはアルコールを分解する肝臓の代謝を高めたり、水分をとることにより利尿作用もあり、非常に効果的です。

 

ストローでゆっくり飲むのはペットボトルと違い、肺を使うことにより深呼吸をしている状態になり、血液内の酸素が増え早く流れることにより酔いがさめる手伝いを促します。

 

またゆっくり飲むのは朝食を楽しむ、集中できる効果と胃の負担を抑える効果があります。

 

さて、飲みすぎでバイトに行きたくない時の二日酔いの覚まし方みたいな文章になりましたが、きつい、眠い、行きたくないと頭をいっぱいにするのではなく、朝食を楽しむことにより頭を切り替え仕事モードに早く切り替えることができます。

 

みなさんも飲みすぎてバイトに行きたくない時はご飯を食べて切り替えてみては如何でしょうか。