とりあえず家を出て、バイト先へ向かうことです

「今日はバイトに行きたくないな」と思うことってありますよね。私はこれまでそう思ったことが何度もあります。なので、あなたの今のお気持ちはよくわかるつもりですよ。

 

 

その私からあなたにお伝えしたいのは、「とりあえず家を出て、バイト先へ向かう」という方法です。

 

「行きたくない」と思ったときの選択肢は2つですよね。つまり「バイトを休む」か「行きたくないけど、行く」かです。

 

そのどちらを選ぶのもあなたの自由意志ですが、「どうしようか」と思ったら、とにかく家は出ましょう。

 

というのも、安易に休んでしまうと、次回の出勤のハードルが高くなってしまうからなんですよね。

 

バイトを休んだ経験があれば、「安いんだあとの出勤は、精神的にけっこうきつい」ということが分かるはずです。

 

バイトを休んだために、なんとなく行きにくくなり、結局辞めてしまうというケースもあるみたいですよ。

 

なので、バイトはできるだけ休まないようにした方がいいんです。

 

そこで、「とにかくバイト先には向かう」という方法をおすすめするわけです。バイト先の近くまで行って、それでもどうしても行きたくないと思うなら、休んでもいいでしょう。

 

その時には「今日、これからのこと」を考えてみるといいと思います。「バイトを休んだ場合、自分はどんな気持ちになるか」を想像し、「どんな風に時間を過ごすか」を考えてみるのです。

 

おそらく、「楽しい休日」にはなりませんよね。バイトに行かなかったことが気になって、ぜんぜん楽しくない時間を過ごすことになってしまうのではないでしょうか。

 

それを考えれば、「バイトに行った方が精神的にずっと楽」ということに気づくと思うんですよ。その時、「バイト先の近くまで来ている」という事実が役に立ちます。

 

かんたんに出勤することができますからね。

 

もちろん、バイト先の近くまで行って「やっぱり休む」という選択をしてもかまいません。それはあなたの自由意志です。

 

しかし、そうでない選択肢もあるわけですから、「バイト先の近くまで行ってみる」という方法をおすすめするわけなんです。