自分が働いた時給をノートに計算して、それを眺めることです

バイトに行きたくない経験、私も何度もありました。

 

学生の頃にファミリーレストランのチェーン店でバイトをしていたのですが、店長も社員の方も厳しくて、初めてのバイトだったということもあり、今日も何か怒られるんじゃないかとハラハラして、お店に行くのが怖くて仕方がなかったことを今でも覚えています。

 

朝、起きるとバイトの日はお腹が痛くなってしまう程で、特に最初の1ヶ月間は毎日、泣きたくなる程嫌でした。

 

1ヶ月程経つと、徐々に注意されることも少なくなり、仕事も覚えてきて、少しだけ自信がつきます。

 

それでも、バイトに行きたくないときの私の対処法は、自分が働いた時給をノートに計算して、それを眺めることでした。

 

バイト代が入ったら欲しい物やしたいことも箇条書きにして、今日、頑張ればこれが買えるぞ!とバイトに行く前に気合を入れて見ていました。

 

目標を少しずつ大きくしていく事で、バイトを頑張ろうという気持ちも大きくなります。

 

私の場合はあれだけ行きたくなかったバイトが半年程経つと、もっとシフトに入りたくて店長にお願いする程になりました。

 

自分の目標が叶うのはとても嬉しいことです。そうしている内に、仕事にも自然と慣れていきます。

 

バイトの先輩から怒られることや、失敗してることに悩んでいる方。

 

今だからわかるのですが、初めは怒られることも、失敗するのも当たり前です。そのことで、行きたくないと感じている方は、きっと責任感がとても強いのだと思います。

 

バイトに責任感を持ち、目標を持って頑張る姿を厳しい言葉を言う先輩達もきっと見てくれています。

 

バイトで頑張って働いた自分のお金で、好きなことが出来た時の喜びを励みに是非ノートを書き続けて、落ち込んだ時はそれを見てください。

 

ノートを見るたびに、初めてバイトに入った日から今までのことを思い出すときっと気持ちが落ち着いてくるはずです。

 

どんなバイトの経験も、社会に出るととっても役に立つことばかりで、本当に経験は財産だと思います。